子宮外妊娠の疑いで手術した話(5)

こんにちは。

お立ち寄りくださり

ありがとうございます!

初めましての方はこちらの自己紹介記事も

見ていただけると嬉しいです。→はじめまして!

【子宮外妊娠の疑いで手術した話】

第5話です。

※手術、流産を含む話になりますので
不安に思われる方、辛い気持ちになられる方は
閲覧にご注意くださいますよう
お願いいたします。

※話の筋はノンフィクションです。
病院名や季節、人名や風景描写はフェイクをいれています。

※マスクは省略しています。

 

本編

実母にも頼めて

お義母さんにもお願いできる距離で

本当に恵まれてますよね…。

だからこそ甘えた気持ち
油断があって、夫が出張の日に
診察を入れてしまったのかもしれません。

子宮外妊娠の疑いが出た際には
万が一手術になったときのことまで
しっかりと想定しておいた方がいいかもしれません。

という意を込めてこのコマを
省略せずに描きました。

出張中の夫は飛行機で2時間以上
かかるところ、かつ
便が少ない場所でした。

手術の時間を考えると
間に合わないかも、ということで
お義母さんにお願いした次第です。
(お義母さんにこんなこといいのか?
申し訳ない、という気持ちでいっぱいでした)

救急車にも
こんな元気な私が乗っていいのか?
というくらい私の場合は痛いところもなく…。
(卵管が腫れると腹痛に襲われる方も
いるそうです)

つづきます。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!







同じカテゴリの記事