近キョリ義母との日々(3)

こんにちは!

 

お立ち寄りくださり

ありがとうございます!

初めましての方はこちらの自己紹介記事も

見ていただけると嬉しいです。→はじめまして!

小連載【近キョリ義母との日々】第3話です。

前回の話はこちら→ 近キョリ義母との日々(2)

 

本編

全ての会話を

漫画に入れ込むことはできないので

かなり端折っていますが

 

私はこの数年の間で

お義母さんにかなり本音を

言えるようになりました。

 

気を遣わないかって言われると

そうではないし

敬語だし、気も遣いますが

普通にぐで〜んと寛がせていただいている感じ笑

 

だからいらないものは「う〜ん、いらないかもです!」

って正直に言うし

最後のコマの飲み物も、結構伝えているつもりなのですが

 

それでも準備しすぎてしまうお義母さん。

 

尽くすとなったらガッツリ尽くしてくださる

タイプなので

 

そうしている方がお義母さんは

気が楽なのかな…と思ったりもします。

 

つづきます。

(今日のひとことはこの下)

 

 

今日のひとこと

 

苺の季節になりましたね☺️

スーパーにもたくさん並ぶようになって

息子もめちゃくちゃん喜んでいます。

 

そうそう、苺でも

お義母さんは絶対「あまおう」しか

買わないんです。

誰かと一緒に食べるなら

絶対あまおう。

キウイなら絶対ゴールドキウイ。

りんごも200円くらいのを

いつも買ってくださっています…。

 

昔からそうなのか

私たちがまだまだお客様的感覚で

気を遣ってくださっているのか…。

 

私はあまおう、ほとんど買わなくて!笑

ただでさえいちごって高価じゃないですか💦

 

おお〜奇跡的にあまおうが安いぜ〜!って時は

買いますが、あとは紅ほっぺ、とちおとめ、

いちごさん、という名前の苺が多いかな。

他の苺も美味しいですもん!

 

酸っぱい感じも好きです!

と言ってもお義母さんはそこは

譲れないらしく…。

 

あまおうが食べられて嬉しいなあ

幸せだなあ、という思いと

 

気を遣わせてしまってたら申し訳ないなあ

という思いと…。

 

色々気になっちゃいますが

近くに来て数年経った今は

素直に甘えさせてもらっています😊

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!







同じカテゴリの記事