近キョリ義母との日々(9)

こんにちは!

 

お立ち寄りくださり

ありがとうございます!

初めましての方はこちらの自己紹介記事も

見ていただけると嬉しいです。→はじめまして!

小連載【近キョリ義母との日々】第9話です。

前回の話はこちら→ 近キョリ義母との日々(8)

 

本編

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや

別に当たり前のこと

 

 

と思われる方もいますよね…

 

でもこの時の自分は

「お義母さんのことが好き」

だけど

「同居には踏み込めない」

 

 

そんな自分に

罪悪感がありまして。

 

 

「好き」って気持ちが本当でも

どんなに好きでも

 

「義母と同居する」ってのは

そう簡単ではないんだよ

どんな人にとっても。

 

 

と代弁してくださったおかげで

心が少し軽くなりました。

 

 

つづきます。

 

最初から読む→ 近キョリ義母との日々(1)

 

 

 

今日のひとこと

 

今は同居問題については

一旦話は落ち着いているのですが

 

それでもまだ悩む時があります。

 

 

お義母さんにとっての

幸せってなんだろう。

 

 

お義母さんに何かあった時

自分は後悔ばかりにならないだろうか。

 

 

私たちは近距離に住めているだけ

ありがたいのかもしれない。

 

 

お義母さんがいい方で

どちらかといえば価値観も合う。

 

恵まれている方だとすごく思う。

 

 

それでも

悩むことはたくさんある。

 

 

みんなみんな

悩みながら、頭の中ぐるぐるにしながら

生きているんですよねきっと。

 

ふう。

 

どら焼き食べちゃおう。

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!







同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ